手術後も肌をみせたい

男性医師

美容整形外科という選択肢

ある日突然皮膚に脂肪の塊様なものが出来る事があるのですが、それはほとんど間違いなくいぼと呼ばれる良性腫瘍です。ウイルス性である事が多いのですが、自然になる事は少なく切除しないと肥大したり数が増えたりする事もあります。切除方法は確立されており、健康保険適用の施術と保険外の施術方法があります。この違いは治療範囲がどこまで及ぶかが1番の差であり、保険適用はいぼの治療までです。保険適用外の施術の治療範囲は治療後の患部及び跡にまで及びます。どちらが良いかは個人の希望や状態により違いますが、特に女性の方や顔や首など目立つ場所にできた方に美容整形外科の保険外の施術を選択する傾向にあります。保険適用の治療方法は液体窒素によりウイルスを凍結して死滅させる手法が一般的です。また非ウイルス性に対しては電気メスによる切除手術が行われています。ダウンタイムと言う皮膚が施術前の状態に戻るまでの期間は長い特徴があります。切除跡が残らない様には配慮してくれますが、状態や数により叶えられない場合もあります。美容整形外科による保険外の施術はレーザーを使用する事が主流です。いぼだけにアプローチして周辺の皮膚に負担を掛けない施術方法です。除去後の患部も綺麗にしてくれるまでが治療範囲なので、最適な方法を提案してくれます。いぼはウイルス性でも加齢によって発生しがちな非ウイルス性でも保険適用の切除手術があります。しかし跡が残る可能性や治るまで色素沈着したりする事でその期間見た目が損なわれる事から、特に女性は美容整形外科で治療する方が多いです。いぼは全身のどこでもできるものである事から当然顔や首、手の指など露出している部分にもできます。綺麗に取り除きたいと考えるのが一般的であり、それを専門にしている機関である美容整形外科を選択するのは当然と言えます。保険が適用されなくて費用は比較的高くなるのですが、それに見合ったケアを受けられる事から選ばれています。いぼの切除手術の全てを美容整形外科でしてもらわず、他者から見て目立つ部位のみ受ける活用方法もできます。普段服で隠れる肘や膝などは保険適用の手法で行う事で費用を抑える事は可能です。しかし肘や膝は女性により露出する事もあるので美容整形外科の選択の方が多いと言われています。レーザー治療のメリットは多く、部分麻酔を使用するので痛みをほとんど感じない事や、ダウンタイムの短さも選ばれている理由です。ダウンタイムは状態にもよりますが3日位であり、人によってはその日からメイクもして良いです。診察だけでなく必ずカウンセリングが行われるので、希望を医師に伝えて一緒に最適な方法を考える事ができます。費用についても相談できる事も安心に繋がっていると言えます。