ビジネスマンがスーツに利用するイメージの強いネクタイですが、ネクタイはビジネス面での正装として利用するだけでなく、そのデザインを工夫することでおしゃれのアクセントなどにも最適なファッションアイテムになります。まずおもなネクタイのデザインの種類としては、定番の無地については使い勝手が大変良く、コーディネートの際にも重宝するアイテムです。とくに紺や茶色、ワインレッドなどはおしゃれの演出に最適なカラーであり、黒やグレーなどは硬いイメージなので、かしこまった時などに使用すると良いカラーです。同じくストライプもメジャーな柄ですが、ストライプの幅が太いとカジュアルになる傾向にあるのでビジネス面などでは難しいため、どちらかといえば細い幅のものの方が良いですし、カラーも三色以内にしておくと合わせやすいです。

またストライプよりも線の多いチェックは、私事で使用するには良いですが、やはりカジュアルな印象を与えるので、ビジネス面で使用するには注意が必要です。他にもドットや小紋といったものについては、サイズが大きいとカジュアルになるので、小さいほどコーディネートしやすい傾向にあります。このようにネクタイの種類とコーディネートにはそれなりのポイントが存在しており、基本的には使用されるカラーが多いほどカジュアルで、少ないほどクラシックでコーディネートが簡単です。同じく模様や柄もサイズが大きいほどカジュアルで小さいほどシックになりますし、無地などで地味すぎると感じた場合には、ネクタイピンをアクセントに使用するといった方法などもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です