トイレのつまりと漏れは原因究明が大事

水は電気・ガスと並ぶ生活必需品としてライフラインと呼ばれます。このうち、電気の故障はしているか・していないか、不具合ならば何が起きるか目に見えますが、水のトラブルはゼロかイチではなくその中間があるのが特徴であり、怖いところでもあります。トイレの故障は、水漏れとつまりのいずれかですが、どちらか一方ではなく同時に起きることがあり、具体的にはつまりのために逆流した水が漏れる場合です。水回りの中でトイレがキッチンやお風呂と違う点は、漏れ出る水が不衛生な汚水であることで、拭いただけでは雑菌やにおいが残ってしまうのが厄介です。

故障がゼロかイチではなく中間というのは、排水管が完全につまっているのではなく、部分的に詰まって排水能力が衰えている場合、少しずつは流れるので一人が使っていても問題に気づかないこともあります。しかし、家庭やオフィスなどで短時間に複数の人が利用すると、排水能力が低下しているために前の水が完全に流れてなくなる前に次の水が流れ、流量が排水能力を上回って逆流します。この故障は気がつきにくいことと、修理ができたか、完全には回復していないかの確認も難しいのが特徴です。そのため、トイレに水を流した後の水の減り方が遅いと感じたら、一人暮らしならいいですが、家族がいる家庭やオフィスでは、他人にも排水に時間がかかる故障を知らせ、プロの業者に依頼してつまりの原因を特定のうえ解消することが重要です。

静岡の蛇口から水漏れのことならこちら

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.