カウンセリング

上手く活用して治療したい

液体窒素による治療方法は一般的な治療方法ですが色素沈着跡が残る可能性はあります。綺麗にいぼを取り除きたい場合は、美容クリニックのレーザー切除術が適しています。無料カウンセリングを複数受ける事で費用や自分に合った治療法を見つける事ができます。

詳しく見る

男性医師

手術後も肌をみせたい

美容整形外科でいぼの切除手術をするメリットは多く、綺麗に取り除いてくれたり希望を一緒に叶える様に考えてくれたりします。いぼの治療だけでなくその後の皮膚が見た目を悪くしない様に考え、治療をしてくれます。

詳しく見る

顔に触れる女性

保険内と保険外治療

いぼの切除は皮膚科での液体窒素治療が基本ですが、美容外科などで行うレーザー治療や電気凝固法なども選べます。しかしいぼの種類や大きさなどによって適した治療法が違うので、医師に相談し、アドバイスを仰ぎましょう。

詳しく見る

看護師

皮膚にできた病気の治療

いぼは大きなものだと目立ってしまうため、切除をしてきれいな状態にできれば見た目を良くできます。クリニックに行けば問題を解決できますけど、利用できる治療法が複数あるのでどの方法を使えるか確認は必要です。

詳しく見る

傷跡が残りにくいです

男性医師

皮膚の形状に合った治療

30代後半から、40代ぐらいの年齢になると、加齢や紫外線の影響などが原因で目の周囲や首、胸元などの目立つ部分にいぼが出来てしまうので悩んでいる人が増加しています。ウイルスが原因のいぼは自分で切除をすると、健康な皮膚に広がってしまう可能性がありますが、加齢が原因のいぼの場合は、他人に感染する心配はありません。皮膚が薄くデリケートな部分に出来やすいですが、健康な皮膚に比べると盛り上がっており、茶褐色や黒っぽい形状をしています。皮膚に病変部分があると年齢よりも老けて見えるので悩んでいる人が少なくありません。自分で切除をすると傷跡が残る原因になったり、出血をしてしまったりするので絶対に避けて下さい。30代以降の年代に多く見られますが、両親や祖父母に体質が似ていると、20代でも見られる場合があります。皮膚科や美容皮膚科などでは、ヨクイニンなどの内服薬も処方してくれますが、即効性はないので効果を実感するのに時間が掛かってしまいます。皮膚科や美容皮膚科で診察を受けると、加齢によるものか、ウイルスが原因なのか診断が付くので最適な方法を提案してくれます。美容皮膚科や皮膚科では、レーザー治療や液体窒素によるいぼ切除を行うのが一般的です。いぼは直径が2、3mmぐらいの小さい形状のものが多いですが、直径が5mm以上の大きな物もあるので、コンプレックスを感じている人が少なくありません。なるべく費用を抑えたい人は保険適用が受けられる液体窒素によるいぼ切除がお勧めです。液体窒素はマイナス196度になっているため、綿棒などに付けていぼを焼き切る方法です。低温やけどを人工的に起こすような治療法なので、多少の痛みを感じる場合があります。液体窒素によるいぼ除去は短時間で終わりますし、3週間から、一か月程度を過ぎると皮膚の状態が良くなってきます。保険適用外の治療ですが、なるべく傷跡が目立たず、痛みの少ない方法で切除したい人は、レーザー治療がお勧めです。経験豊富な医療スタッフがレーザーの出力を調整しながら、いぼを取り除く方法です。液体窒素と同様に短時間で施術が終わりますし、傷跡もほとんど残らないのできれいな仕上がりが特徴です。直径が5mm以上の大きな形状の場合もレーザー治療が適しています。従来の電気メスで切除、縫合をする方法に比べると、体に負担が少ないので体のデリケートな人も安心できます。治療を受けた後は肌色の絆創膏を患部に使用したり、強い紫外線を浴びたりしないことも大事です。